猫の足あとによる埼玉県寺社案内

市場豊川稲荷神社。和光市白子の神社

市場豊川稲荷神社の概要

市場豊川稲荷神社は、和光市白子にある豊川稲荷神社です。市場豊川稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、白子の市場地区に鎮座、明治40年当社境内社だった氷川社と共にに白子熊野神社に合祀されましたが、そのまま残され「講」により護持されているといいます。

市場豊川稲荷神社
市場豊川稲荷神社の概要
社号 豊川稲荷神社
祭神 -
相殿 氷川神社
境内社 -
祭日 -
住所 和光市白子1
備考 -



市場豊川稲荷神社の由緒

市場豊川稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、白子の市場地区に鎮座、明治40年当社境内社だった氷川社と共にに白子熊野神社に合祀されましたが、そのまま残され「講」により護持されているといいます。

「和光市史民俗篇」による市場豊川稲荷神社の由緒

市場稲荷
白子市場の小高い台上に祀られている。社殿は昭和一三年改築され、中に初午当日使用する諸道具が納められている。社前に鳥居が並んでいる。この小社は豊川稲荷を祀ったといい、講の記録帳にも、表紙に「初午記録帳、自昭和三十三年三月初午、保存期間永久、豊川稲荷神社」と書かれている。(「和光市史民俗篇」より)


市場豊川稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿