猫の足あとによる埼玉県新座市・和光市の寺院、神社、観光名所など埼玉県新座市・和光市の寺社案内 猫の足あとによる埼玉県新座市・和光市の寺院、神社など埼玉県新座市・和光市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

白子熊野神社。和光市白子の神社、旧村社

白子熊野神社の概要

白子熊野神社は、和光市白子にある熊野神社です。白子熊野神社の創建年代は不詳ですが、那智熊野大社の「米良文書」に「しらこ庄賀助、庄中務丞」とあることから中世には存立していたものと思われます。江戸時代には白子村の鎮守社として崇敬され、戦前までは村社に列格していました。

白子熊野神社
白子熊野神社の概要
社号 熊野神社
祭神 伊弉冉尊、建御名方命、速須佐男命、速玉男命、事解男命、倉稲魂命
相殿 -
境内社 富士嶽神社、国平神社
祭日 熊手市12月7日、熊野神社祭10月第1日曜日
住所 和光市白子2-15
備考 旧村社



白子熊野神社の由緒

白子熊野神社の創建年代は不詳ですが、那智熊野大社の「米良文書」に「しらこ庄賀助、庄中務丞」とあることから中世には存立していたものと思われます。江戸時代には白子村の鎮守社として崇敬され、戦前までは村社に列格していました。

新編武蔵風土記稿による白子熊野神社の由緒

(下白子村)熊野宮。瀧の側にあり、村の鎮守なり。本社一間に九尺、上屋は二間に三間、前に鳥居を建つ、鎮座の年歴詳ならず。
稲荷社。熊野宮の左にある小祠なり。(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県・和光市掲示による白子熊野神社の由緒

熊野神社は、白子の鎮守さまとして栄えてきた。発祥は不明であるが、社伝によると、およそ一千年前といわれている。
祭神は、伊弉冉尊、建御名方命、速須佐男命、速玉男命、事解男命、倉稲魂命とされ、また、境内神社として、富士嶽神社、国平神社がある。
中世、熊野信仰は、全国的に武士や民衆の間に広まった。熊野那智大社(和歌山県)に伝わる「米良文書」の中の「武蔵国檀那書立写」には、多くの武蔵武士とともに「しらこ庄賀助、庄中務丞」の名があり、和光市域の白子に居住していた領主にも、熊野信仰が伝えられていたことがわかる。(埼玉県・和光市掲示より)


白子熊野神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット