猫の足あとによる埼玉県寺社案内

片柳の筆塚。さいたま市見沼区片柳にある旧跡・名所

片柳の筆塚の概要

片柳の筆塚は、さいたま市見沼区片柳にある名所旧跡です。片柳の筆塚は、正風遠州流華道・書道の師匠守屋巌松斎を顕彰する塚です。守屋巌松斎は当地の名主家に生まれ、華道の門人を日光御成道・中山道沿いに多く擁し、その功績を讃えて天満宮・筆塚・花塚・歌碑・燈籠などが奉納されています。

片柳の筆塚
片柳の筆塚の概要
旧跡・名所名 片柳の筆塚
みどころ 史跡
入場時間 -
入場料 無料
住所 さいたま市見沼区片柳1751
備考 個人所有




片柳の筆塚の縁起

片柳の筆塚は、正風遠州流華道・書道の師匠守屋巌松斎を顕彰する塚です。守屋巌松斎は当地の名主家に生まれ、華道の門人を日光御成道・中山道沿いに多く擁し、その功績を讃えて天満宮・筆塚・花塚・歌碑・燈籠などが奉納されています。

さいたま市掲示による片柳の筆塚について

片柳の筆塚
当家は片柳村の名主を務めた家柄です。江尾時代後半の文化文政期に出た守屋巌松斎(本名は藤内)は、華道(正風遠州流)の大師匠として活躍しました。また、書道にも秀でていました。
巌松斎は、華道の門人を日光御成道・中山道沿いに獲得しました。その数三千五百人余といい、関東一円は申すに及ばず、遠くは越後国(新潟県)から入門する者がありました。天保四年(一八三三)に巌松斎法眼一鵰と称したところから、門人に「〇松斎〇一〇」の斎号を与え、勢力を拡げていきました。市内には丸ヶ崎に峩松斎、島町に薬松斎らが排出、正風遠州流をさらに広めていきました。現在でも県内に〇松斎の号を持つ人が多く、「松達」と呼んでいますが、「松」が巌松斎の松であることはいうまでもないことです。
境内には、天満宮・筆塚・花塚・歌碑・燈籠など巌松斎の事績を伝える資料が保存されています。(大宮市教育委員会掲示より)


片柳の筆塚の周辺図


参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」