猫の足あとによる埼玉県寺社案内

方墳大塚古墳。さいたま市西区指扇にある旧跡・名所

方墳大塚古墳の概要

方墳大塚古墳は、さいたま市西区指扇にある名所旧跡です。方墳大塚古墳は、埼玉県内では数少ない方墳の一つで、造立年代などは不詳ながら、埼玉県史跡に指定されています。

方墳大塚古墳
方墳大塚古墳の概要
旧跡・名所名 方墳大塚古墳
みどころ 埼玉県指定史跡
入場時間 -
入場料 不可
住所 さいたま市西区指扇
備考 私有地




方墳大塚古墳の縁起

方墳大塚古墳は、埼玉県内では数少ない方墳の一つで、造立年代などは不詳ながら、埼玉県史跡に指定されています。

さいたま市掲示による方墳大塚古墳について

方墳大塚古墳
方形に土を盛り上げられていることから、古墳時代の墳墓の一形態である方墳と考えられています。
規模は、底辺で二十一mと二十五mの方形で、頂上部は、一遍九・五mの正方形で、高さは約四mあります。
発掘調査が行われていないので、埴輪の有無や内部のようすはわかりません。以前は周辺にも小古墳があったといわれています。
埼玉県内の古墳は、円墳が多く、方墳は数が少なく貴重です。(埼玉県教育委員会・大宮市教育委員会・野原宏(所有者)掲示より)


方墳大塚古墳の周辺図


参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」