猫の足あとによる埼玉県寺社案内

妙隆寺。さいたま市北区盆栽町にある日蓮宗寺院

妙隆寺の概要

日蓮宗寺院の妙隆寺は、観宮山と号します。妙隆寺は、真行院日円上人が、印旛郡遠山村(現成田市)に天正4年(1600)開山、昭和10年に新天地を求めて当地へ移転、翌年観宮山妙隆寺と公称したといいます。

妙隆寺
妙隆寺の概要
山号 観宮山
院号 -
寺号 妙隆寺
住所 さいたま市北区盆栽町511
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



妙隆寺の縁起

妙隆寺は、真行院日円上人が、印旛郡遠山村(現成田市)に天正4年(1600)開山、昭和10年に新天地を求めて当地へ移転、翌年観宮山妙隆寺と公称したといいます。

「埼玉宗教名鑑」による妙隆寺の縁起

妙隆寺(日蓮宗)
天正4年(1600年)、真行院日円上人によって、千葉県印旛郡遠山村大字小菅字関戸谷に開山された。
昭和10年まで、歴代住職によって丹誠されてきたが、辺鄙な地で、無檀家であるので、同年に第24世渡辺観亭上人が寺院と当地に移転した。
昭和11年には本堂、庫裡、浄行菩薩堂を建立し、観宮山妙隆寺と公称した。さらに同24年、現住職が継承し、同46年9月、庫裡改築などを完成し、現在に至っている。
開山日円上人より25代、大宮に寺号移転してより2代になる。(「埼玉宗教名鑑」より)


妙隆寺の周辺図

参考資料

  • 「埼玉宗教名鑑」