猫の足あとによる埼玉県寺社案内

吉祥院。さいたま市南区辻にある真言宗豊山派寺院

吉祥院の概要

真言宗豊山派寺院の吉祥院は、晴曇山と号します。吉祥院の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿には、惠寳山吉祥院で元修験だったと記載されています。北足立八十八ヵ所霊場33番、武州足立百不動尊霊場78番です。

吉祥院
吉祥院の概要
山号 晴曇山
院号 吉祥院
寺号 -
住所 さいたま市南区辻3-11-6
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王像
葬儀・墓地 -
備考 -



吉祥院の縁起

吉祥院の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿には、惠寳山吉祥院で元修験だったと記載されています。

新編武蔵風土記稿による吉祥院の縁起

(辻村)
吉祥院
是も同寺の末(浦和宿玉蔵院末)にて、惠寳山と號せり、本尊大日を安ず、又傍に不動の像あり、秘佛にして拝することを許さず、當院は元修験にてありしが、後一寺となりしと云
地蔵堂(新編武蔵風土記稿より)


吉祥院の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」