猫の足あとによる埼玉県寺社案内

和光院。さいたま市南区辻にある真言宗豊山派寺院

和光院の概要

真言宗豊山派寺院の和光院は、晴曇山と号します。和光院の創建年代等は不詳ながら、当寺境内に正保2年(1645)寂道雲からの歴代住職が掲載され、江戸時代前期には開山していたことがわかります。明治7年から明治36年まで辻学校に供用されていました。北足立八十八ヵ所霊場46番、武州足立百不動尊霊場77番です。

和光院
和光院の概要
山号 晴曇山
院号 和光院
寺号 -
住所 さいたま市南区辻3-11-6
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王像
葬儀・墓地 -
備考 -



和光院の縁起

和光院の創建年代等は不詳ながら、当寺境内に正保2年(1645)寂道雲からの歴代住職が掲載され、江戸時代前期には開山していたことがわかります。明治7年から明治36年まで辻学校に供用されていました。

新編武蔵風土記稿による和光院の縁起

(辻村)
和光院
前と同寺末なり(新義眞言宗、浦和宿玉蔵院末)、青雲山と號す、本尊は不動是も秘佛なりとて扉を開かず、外に大日の画像を置けり、火中出現の大日と稱す
阿彌陀堂。
寺中。寳蔵坊。青龍寺。この二ヶ寺今は廃して除地のみ存せり(新編武蔵風土記稿より)


和光院の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」