猫の足あとによる埼玉県寺社案内

四恩寺。さいたま市大宮区土手町にある日蓮宗寺院

四恩寺の概要

日蓮宗寺院の四恩寺は、立正山と号します。四恩寺は、娘の無事出産祈願成就により日蓮上人に感謝した河野秀氏が、心眼院日喜上人が開基として、本堂庫裡を昭和10年に建立、昭和42年立正山四恩寺と公称したといいます。

四恩寺
四恩寺の概要
山号 立正山
院号 -
寺号 四恩寺
住所 さいたま市大宮区土手町3-182
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



四恩寺の縁起

四恩寺は、娘の無事出産祈願成就により日蓮上人に感謝した河野秀氏が、心眼院日喜上人が開基として、本堂庫裡を昭和10年に建立、昭和42年立正山四恩寺と公称したといいます。

「埼玉宗教名鑑」による四恩寺の縁起

四恩寺(日蓮宗)
立正山と号す。
四恩寺大檀那河野秀氏、一人娘病弱のところ、懐妊して医学的には四か月の命と宣告されたが、開基心眼院日喜上人、第二世小林龍信ともに水行、断食の安産祈願をしたところ、昭和9年10月18日、当山御会式に男子を無事出産した。
河野秀氏は大願成就により、宗祖日蓮大上人に報恩感謝を示すために、昭和10年4月21日、本堂、庫裡を建立し、立正山四恩堂を開堂した。
同年7月7日、開基心眼院日喜上人、行院59才を以て入寂、同年7月8日、現住職が継承し、托鉢修行、街頭布教をして三十余年、念願成して同42年11月29日、新寺入山式を施行し、立正山四恩寺と公称した。
さらに、同46年4月21日、宗祖降誕750年に際して、庫裡を新築、加えて本堂を改築し現在に至っている。(「埼玉宗教名鑑」より)


四恩寺の周辺図

参考資料

  • 「埼玉宗教名鑑」