猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

東光寺。さいたま市大宮区宮町にある曹洞宗寺院

東光寺の概要

曹洞宗寺院の東光寺は、大宮山と号します。東光寺は、熊野那智山光明坊の住僧宥慶阿闍梨が、東光坊として創建、その後梁室和尚(長享元年1487年)が曹洞宗東光寺として中興したと伝えられます。関東九十一薬師霊場28番です。

東光寺
東光寺の概要
山号 大宮山
院号 -
寺号 東光寺
住所 さいたま市大宮区宮町3-6
宗派 曹洞宗
本尊 -
葬儀・墓地 東光寺東光殿
備考 関東九十一薬師霊場28番



東光寺の縁起

東光寺は、熊野那智山光明坊の住僧宥慶阿闍梨が、東光坊として創建、その後梁室和尚(長享元年1487年)が曹洞宗東光寺として中興したと伝えられます。

新編武蔵風土記稿による東光寺の縁起

東光寺
大宮山と号す。曹洞宗、新染谷村常泉寺末なり。寺記及鐘銘に據るに、当寺は昔紀伊国熊野那智山光明坊の住侶、宥慶阿闍梨関東下向の時、当国足立原に宿りて黒塚の悪鬼を呪伏し、その側に坊舎を立て東光坊と号す。是熊野の光明東国に輝と云意を表せしとなり。今按に此説いと浮たる事なり、想うに此所に黒塚と云塚ある故に、彼平兼盛が陸奥の安達原の鬼を詠ぜし歌に附会せしならん。さて当寺は天台宗の由記録に見ゆ、真言宗なりとも云。誰か是なりや、其後曹洞宗僧梁室和尚、中興して一寺とし、東光寺と号す。此僧は長享元年正月28日化す。本尊薬師。客殿に安置せり。
鐘楼、客殿の右にあり、鐘径2尺5寸。舊鐘は元禄9歳現住枯山がありしと云。其文は今寺に収む。宥慶虚鬼降伏の事を称す。今の鐘は享保6年鋳る所にして現住教發が銘あり。ここには略す。(新編武蔵風土記稿より)


東光寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」