猫の足あとによる埼玉県寺社案内

普門院。八潮市二丁目にある真言宗豊山派寺院

普門院の概要

真言宗豊山派寺院の普門院は、弘誓山と号します。普門院の創建年代は不詳ですが、新編武蔵風土記稿に「新義真言宗、彦成村圓明院の末、弘誓山と號す、不動を本尊とせり。山王社」とあります。新四国四箇領八十八ヵ所霊場69番です。

普門院
普門院の概要
山号 弘誓山
院号 普門院
寺号 -
本尊 不動明王像
住所 八潮市二丁目209
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



普門院の縁起

普門院の創建年代は不詳ですが、新編武蔵風土記稿に「新義真言宗、彦成村圓明院の末、弘誓山と號す、不動を本尊とせり。山王社」とあります。

新編武蔵風土記稿による普門院の縁起

(二町目村)普門院
新義真言宗、彦成村圓明院の末、弘誓山と號す、不動を本尊とせり。
山王社(新編武蔵風土記稿より)


普門院所蔵の文化財

  • 土手供養碑

土手供養碑

この供養碑は、明暦元年(一六五五年)に当字の鎮守氷川神社の東側の中川土手上に建てられたものです。
当時は川の氾濫により、しばしば土手が切れ、村じゅうが水びたしになり、村びとを苦しめました。そこで、普門院住職浄西は、土手が切れないようにと願をかけ、草創百姓十七名(「二丁目の獅子舞」の獅子株を持っていた人々)の浄財によりこれがつくられました。それ以後、土手が切れなくなったと言われています。
中川の改修により、昭和六十二年にこの地に移されました。「土手まもり様」として多くの人々に親しまれ、ながい間、往来の人々の安全を見守っています。(掲示より)

普門院の周辺図


大きな地図で見る