猫の足あとによる比企郡・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

松岡山明王院。比企郡吉見町下細谷にある真言宗智山派寺院

明王院の概要

真言宗智山派寺院の明王院は、松岡山光勝寺と号します。明王院の創建年代等は不詳ながら、江戸期には大猷院殿(徳川家光)より寺領7石の御朱印状を拝領、江戸時代を通じて御朱印状を拝領した吉見町内8寺社のうちの一寺です。

明王院本堂
明王院の概要
山号 松岡山
院号 明王院
寺号 光勝寺
本尊 十一面観音像
住所 比企郡吉見町下細谷415
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



明王院の縁起

明王院の創建年代等は不詳ながら、江戸期には大猷院殿(徳川家光)より寺領7石の御朱印状を拝領、江戸時代を通じて御朱印状を拝領した吉見町内8寺社のうちの一寺です。

新編武蔵風土記稿による明王院の縁起

(下細谷村)明王院
新義眞言宗、御所村息障院末、松岡山光勝寺と號す、寺領七石の御朱印は、大猷院殿の御時賜はりしが、慶安四年の回禄に烏有となれり、其後常憲院殿の御時再び賜ひしと云、本尊十一面觀音を安ず、
八幡社
阿彌陀堂(新編武蔵風土記稿より)


明王院の周辺図