猫の足あとによる千葉県寺社案内

流山市の寺社|流山市の寺院、流山市の神社案内

流山市の寺社概要

流山市域は、弘法大師創建の伝承を伝える鰭ヶ崎東福寺や、平安時代に編纂された延喜式神名帳に所載の茂侶神に比定される茂侶神社など、古くより寺社が建立され祀られていました。江戸時代に入ると、江戸川の河川改修による新田開発や、江戸への物資供給などで栄えて人口も増加、人口増加に伴い寺社も数多く建立されています。近年に入ると市街地再開発が進み、寺社地の換地による建替えも進んでいます。

流山市の寺社に関する札所霊場

流山市にある古寺社

流山市で江戸時代に御朱印状を受領した寺社

流山市にある郷社格以上の神社

明治維新後の社格制定に際し、流山市域では3社が郷社に列格していました。