猫の足あとによる東松山市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

醫王山常安寺。東松山市西本宿にある天台宗寺院

常安寺の概要

天台宗寺院の常安寺は、醫王山瑠璃院と号します。常安寺は、豪讃和尚(文永3年1266年寂)が開山したといいます。新編武蔵風土記稿では、小川町中奈良梨諏訪神社の鐘に、常安禅寺が延徳3年銘(1491)の鐘を諏訪社へ弘治3年(1557)寄進したとあり、禅宗寺院だった時期があったのではないかともいいます。

常安寺
常安寺の概要
山号 醫王山
院号 瑠璃院
寺号 常安寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 東松山市西本宿530
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



常安寺の縁起

常安寺は、豪讃和尚(文永3年1266年寂)が開山したといいます。新編武蔵風土記稿では、小川町中奈良梨諏訪神社の鐘に、常安禅寺が延徳3年銘(1491)の鐘を諏訪社へ弘治3年(1557)寄進したとあり、禅宗寺院だった時期があったのではないかともいいます。

新編武蔵風土記稿による常安寺の縁起

(元宿村)
常安寺
天台宗、下青鳥村浄光寺末、醫王山瑠璃院と號す、本尊彌陀を安ず、開山豪讃和尚文永三年二月十五日寂す、中興豪傳寛文十年八月廿七日寂せり、按に郡中奈良梨村諏訪社の鰐口に武州入西郡高坂郷、醫王山常安禅寺、住持比丘大成叟永順置之、延徳三年四月初八日と彫り、側に弘治三年諏訪社へ寄進せし由を記せり、これ正しく當寺のものなりしを、後年彼社へ移せしなるべし、銘中常安禅寺と載るに據ば、始は禅宗にて後改宗せしものなるべし。
薬師堂。昔小名米山にありし故、米山薬師と號す、薬師は座身にて、慈覺大師の作と云。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

常安寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」