猫の足あとによる東松山市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

熊野山清見寺。東松山市上野本にある曹洞宗寺院

清見寺の概要

曹洞宗寺院の清見寺は、熊野山と号します。清見寺は、上田能登守朝直が帰依していた地蔵尊を安置して、元亀年間(1570-1573)に地蔵堂を建立、功屋賢作(寛永8年1631年寂)が文禄年間(1593-1596)に開山したといいます。

清見寺
清見寺の概要
山号 熊野山
院号 -
寺号 清見寺
本尊 地蔵菩薩像
住所 東松山市上野本1683
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



清見寺の縁起

清見寺は、上田能登守朝直が帰依していた地蔵尊を安置して、元亀年間(1570-1573)に地蔵堂を建立、功屋賢作(寛永8年1631年寂)が文禄年間(1593-1596)に開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による清見寺の縁起

(野本村)
清見寺
無量壽寺末、熊野山と號す、本尊地蔵は弘法大師の作或は定朝の作ともいへり、元龜年中上田能登守朝直の歸依佛にして、其頃は地蔵堂なりしを、文禄年中功屋賢作といへる僧、開山して一寺となせり、此僧は寛永八年七月十五日寂す、
熊野社(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

清見寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」