猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

菅谷八幡神社。行田市持田の神社

菅谷八幡神社の概要

菅谷八幡神社は、行田市持田にある八幡神社です。菅谷八幡神社は、建久元年(1190)鎌倉将軍上洛につき京の石清水八幡宮へ参詣の際、忍三郎が供奉し、帰村の後に勧請したと「明細帳」では記しているといいます。

菅谷八幡神社
菅谷八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別尊
相殿 -
境内社 稲荷社、天神社
祭日 -
住所 行田市持田5774
備考 -



菅谷八幡神社の由緒

菅谷八幡神社は、建久元年(1190)鎌倉将軍上洛につき京の石清水八幡宮へ参詣の際、忍三郎が供奉し、帰村の後に勧請したと「明細帳」では記しているといいます。

新編武蔵風土記稿による菅谷八幡神社の由緒

(持田村)八幡社
観音寺持(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県神社庁「埼玉の神社」による菅谷八幡神社の由緒

持田の名は古くは糯田と書き、また、条里制水田遺構が発掘されていることからも、古来より米作地域であったことがうかがえる。
持田は、東西三二町、南北二三町の大村のため、村内を私に上・中・下の三組に分けていたことが「風土記稿」に記され、当地は上組となっていた。更に「八幡社 観音寺持」とあり、現在の真言宗智山派観音寺が、往時当社の別当となり、奉斎していたことがわかる。
当社の創建は「明細帳」によれば、建久元年鎌倉将軍上洛につき京の石清水八幡宮へ参詣の際、忍三郎が供奉し、帰村の後に勧請したものと記されている。
祭神は、品陀別命で、内陣に白幣を祀るが、明治維新ごろまでは、騎乗八幡神像を安置していたと伝えられている。
本殿は、一間社流造り瓦葺きで、大正期まで覆屋・拝殿はなく、現在の拝殿は大字和田の和田神社拝殿を譲り受けたものである。
戦後の台風などにより多くの木が倒れたため、現在、境内はまばらな木によって囲まれているが、戦前までは、うっそうと樹木が茂り、狐に化かされた話が残るほどの所であった。(埼玉県神社庁「埼玉の神社」より)


菅谷八幡神社の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑