猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

和田神社。行田市和田の神社

和田神社の概要

和田神社は、行田市和田にある神社です。和和田神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には蔵王社と称していたといいます。明治維新後御嶽神社と改称、明治2年には村社に列格、明治41年には和田村内の八坂神社(伊森明神社)を合祀したといいます。関東大震災により全壊、和田地区の中心にあたる当地に遷座・再建したといいます。

和田神社
和田神社の概要
社号 和田神社
祭神 大己貴命・少彦名命
相殿 -
境内社 八幡社、天神社、稲荷社
祭日 -
住所 行田市和田192
備考 -



和田神社の由緒

和田神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には蔵王社と称していたといいます。明治維新後御嶽神社と改称、明治2年には村社に列格、明治41年には和田村内の八坂神社(伊森明神社)を合祀したといいます。関東大震災により全壊、和田地区の中心にあたる当地に遷座・再建したといいます。

新編武蔵風土記稿による和田神社の由緒

(和田村)
伊森明神社
村の鎮守とす。宝珠院
蔵王社
同持(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県神社庁「埼玉の神社」による和田神社の由緒

和田はかつて条里制水田が広がっていた地域で、現在も水田の中に位置する。
「風土記稿」和田村の項には「伊森明神社 村の鎮守とす。宝珠院持。蔵王社 同持。宝珠院 新義真言宗、上之村一乗院末、和光山と云、本尊地蔵を安ず」と載せ、このうち「蔵王社」が当社であり、往時、蔵王権現と称していたという。
明治初めの神仏分離により寺の管理を離れ、社名を御嶽神社と改め、明治二年に村社となった。同四一年、字北屋敷の八坂神社及び境内社八幡社を合祀し、社号を和田神社と改めた。八坂神社は「風土記稿」に載る「伊森明神社」である。
大正一二年の震災により本殿・幣殿・拝殿が全壊したため、これを機に従来の社地が偏狭なことから、和田の大地主竹田恒太郎所有の地が和田の中心地であるとして、この地を求め大正一四年社殿を新たにし一段と尊厳を加えた。この移転及び造営のために要した費用は七千八百円余りといわれ、氏子一同がこの再建に尽くした並々ならぬ熱意がうかがえる。
本殿は一間社流造りで、大己貴命・少彦名命の二柱を祀る。(埼玉県神社庁「埼玉の神社」より)


和田神社の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑