猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

須加熊野神社。行田市須加の神社、旧須加村鎮守

須加熊野神社の概要

須加熊野神社は、行田市須加にある熊野神社です。須加熊野神社の創建年代や由緒については不詳ですが、山城国愛宕郡当山派修験醍醐三宝院末加納院の宥長が建武年間(1334-1338)に創建したと伝えられます。江戸時代には熊野社と称し、旧須賀村の鎮守社となっていました。明治6年に村社に列格、明治42年舟戸の神明社、大稲荷の大伊奈利社、小稲荷の小伊奈利社、矢倉の塞神社、雷電の雷神社、久保の雷神社、中郷の愛宕社、久伊豆の久伊豆社、砂原の八坂社・諏訪社、富士宮の浅間社の三社を合祀したといいます。

須加熊野神社
須加熊野神社の概要
社号 熊野神社
祭神 家都御子神、熊野夫須美命、速玉男命
相殿 -
境内社 三峰社、八幡社、道祖神、稲荷社、御嶽社、浅間社
祭日 例祭日7月15日
住所 行田市須加4533
備考 行田八幡神社の兼務社



須加熊野神社の由緒

須加熊野神社の創建年代や由緒については不詳ですが、山城国愛宕郡当山派修験醍醐三宝院末加納院の宥長が建武年間(1334-1338)に創建したと伝えられます。江戸時代には熊野社と称し、旧須賀村の鎮守社となっていました。明治6年に村社に列格、明治42年舟戸の神明社、大稲荷の大伊奈利社、小稲荷の小伊奈利社、矢倉の塞神社、雷電の雷神社、久保の雷神社、中郷の愛宕社、久伊豆の久伊豆社、砂原の八坂社・諏訪社、富士宮の浅間社の三社を合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による須加熊野神社の由緒

(須賀村)熊野社
村の鎮守なり。本地佛弥陀を安ず。
末社。大黒天、子安権現合社
別当利益寺。当山派修験、山城国醍醐三宝院末、加納院と号す。本尊不動を安ず。(新編武蔵風土記稿より)


須加熊野神社の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑