猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

虚空蔵山古墳。行田市小見にある観光名所、史跡・旧跡

虚空蔵山古墳の概要

虚空蔵山古墳は、行田市小見にある観光名所、史跡・旧跡です。虚空蔵山古墳は東西26m、南北19m、高さ約3m、推定墳長約60mの前方後円墳で、小見真観寺古墳の北西に隣接します。周辺で採集された埴輪片等から、6世紀後半の築造と考えられているといいます。

虚空蔵山古墳
虚空蔵山古墳の概要
名称 虚空蔵山古墳
住所 行田市小見1043
見どころ 古墳
文化財 -
備考 虚空蔵堂、諏訪神社



虚空蔵山古墳の由来

虚空蔵山古墳は東西26m、南北19m、高さ約3m、推定墳長約60mの前方後円墳で、小見真観寺古墳の北西に隣接します。周辺で採集された埴輪片等から、6世紀後半の築造と考えられているといいます。

行田市教育委員会掲示による小見虚空蔵山古墳について

虚空蔵山古墳は、小見古墳群に属する前方後円墳で、小見真観寺古墳の北西に隣接して位置しています。
残念ながら現在は前方部の墳丘の一部が残るのみですが、平成20年の発掘調査で、後円部と周溝の一部が県道の東側で確認され、推定墳長約60mの前方後円墳であったことが明らかになりました。周溝内からは大きな乳房を持つ笑い顔の女性の人物埴輪、馬形埴輪、太刀形埴輪、円筒埴輪などの破片が出土しています。
埴輪の形態から小見真観寺古墳に先行して6世紀後半に築かれた古墳であると思われます。
なお、現存する墳丘は東西26m、南北19m、高さ約3m、墳頂には名前の由来となった虚空蔵菩薩がまつられています。(行田市教育委員会掲示より)


虚空蔵山古墳の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑