猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内 猫の足あとによる行田市の寺院、神社、観光名所など行田市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

医王寺。行田市下須戸にある真言宗智山派寺院

医王寺の概要

真言宗智山派寺院の医王寺は、光厳山天王院と号します。医王寺は、埼玉県神社庁「埼玉の神社」下須戸八坂神社項によると、鎌倉幕府の圧迫を受けた一人の僧が、牛頭天王の像を奉じて当地に住み着き、天王院(当寺)を創建したと伝えられます。新編武蔵風土記稿では元和元年(1615)に起立したといいます。

医王寺
医王寺の概要
山号 光厳山
院号 天王院
寺号 医王寺
本尊 観音像
住所 行田市下須戸1350
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



医王寺の縁起

医王寺は、埼玉県神社庁「埼玉の神社」下須戸八坂神社項によると、鎌倉幕府の圧迫を受けた一人の僧が、牛頭天王の像を奉じて当地に住み着き、天王院(当寺)を創建したと伝えられます。新編武蔵風土記稿では元和元年(1615)に起立したといいます。

新編武蔵風土記稿による医王寺の縁起

(下須戸村)医王寺
新義真言宗、京都智積院末。本尊観音を安ず。当寺は元和元年の起立とのみ傳へて、開山の名も失へり。(新編武蔵風土記稿より)


医王寺の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑