猫の足あとによる埼玉県寺社案内

赤沢地蔵尊。飯能市赤沢にある寺院

赤沢地蔵尊の概要

寺院の赤沢地蔵尊は、飯能市赤沢にある地蔵尊で、旧松平山本願寺地です。赤沢地蔵尊は、大陽(永徳3年1383年寂)が開山した松平山本願寺境内に奉安されていた地蔵尊で、江戸期には地蔵堂領として、江戸幕府より3石の御朱印状を受領していました。明治維新後松平山本願寺は廃寺となり、入口に地蔵尊が残されています。

赤沢地蔵尊
赤沢地蔵尊の概要
旧山号 松平山
旧院号 -
旧寺号 本願寺
本尊 地蔵菩薩像
住所 飯能市大字赤沢145
宗派 -
葬儀・墓地 -
備考 -



赤沢地蔵尊の縁起

赤沢地蔵尊は、大陽(永徳3年1383年寂)が開山した松平山本願寺境内に奉安されていた地蔵尊で、江戸期には地蔵堂領として、江戸幕府より3石の御朱印状を受領していました。明治維新後松平山本願寺は廃寺となり、入口に地蔵尊が残されています。

「新編武蔵風土記稿」による赤沢地蔵尊の縁起

(赤澤村)
本願寺
松平山と號す、前に載る金錫寺末、開山大陽永徳三年九月廿日寂す、慶安二年地蔵堂領三石の御朱印を賜ふ
辨天社(新編武蔵風土記稿より)


赤沢地蔵尊の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「飯能市史資料編Ⅳ社寺教会」