猫の足あとによる埼玉県寺社案内

医王寺。飯能市原市場にある臨済宗建長寺派寺院

医王寺の概要

臨済宗建長寺派寺院の医王寺は、白石山と号します。医王寺は、梅室永鑑禅師(慶長2年1597年寂)が開山、江戸期には幕府より薬師堂領として4石の御朱印状を受領していました。高麗三十三ヶ所霊場21番です。

医王寺
医王寺の概要
山号 白石山
院号 -
寺号 医王寺
本尊 十一面観世音菩薩像
住所 飯能市大字原市場1032
宗派 臨済宗建長寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



医王寺の縁起

医王寺は、梅室永鑑禅師(慶長2年1597年寂)が開山、江戸期には幕府より薬師堂領として4石の御朱印状を受領していました。

新編武蔵風土記稿による医王寺の縁起

(原市場村)
醫王寺
白石山と號す、臨済宗、郡中赤澤村金錫寺末、本尊觀音を安ず、開山梅室永鑑慶長二年七月十一日寂す、慶安二年薬師堂領四石の御朱印を賜、
薬師堂
白山社
辨天社(新編武蔵風土記稿より)

飯能市史資料編による医王寺の縁起

医王寺(飯能市大字原市場字白石1032)
開山である梅室永鑑禅師は慶長2年(1597)に示寂しており、郡村誌では天文年間(1532-1554)の開基という。(飯能市史資料編より)


医王寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「飯能市史資料編Ⅳ社寺教会」