猫の足あとによる埼玉県寺社案内

圓泉寺。飯能市平松にある真言宗智山派寺院、武蔵野三十三観音、武蔵野七福神

圓泉寺の概要

真言宗智山派寺院の圓泉寺は、梅松山と号します。圓泉寺の創建年代等は不詳ながら、弘法大師が天長年間(824-834)に創建したとも伝えられます。享保年間(1716-1735)に慶秀が中興開山、境内の妙見宮は地元の綿貫家出身者から弘化年間(1844-1847)に奉納されたものだといいます。武蔵野三十三観音霊場25番、高麗郡三十三ヶ所霊場3番、武蔵野七福神の福禄寿、奥多摩新四国霊場八十八ヶ所57番となっています。

圓泉寺
圓泉寺の概要
山号 梅松山
院号 -
寺号 圓泉寺
本尊 不動明王像
住所 飯能市平松376
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



圓泉寺の縁起

圓泉寺の創建年代等は不詳ながら、弘法大師が天長年間(824-834)に創建したとも伝えられます。享保年間(1716-1735)に慶秀が中興開山、境内の妙見宮は地元の綿貫家出身者から弘化年間(1844-1847)に奉納されたものだといいます。

新編武蔵風土記稿による圓泉寺の縁起

(平松村)
圓泉寺
梅松山と號す、新義眞言宗、新堀村聖天院末、本尊不動を安ず、
觀音堂
天神社(新編武蔵風土記稿より)

「飯能市史資料編」による圓泉寺の縁起

円泉寺(飯能市大字平松字町田376番地の甲)
不動明王像
弘法大師が淳和天皇の天長年間(824~83s4)の頃奥州遊化のとき創建との言い伝えがあるが、享保年間(1716~1735)中興開山慶秀が再建したという。(「飯能市史資料編」より)


圓泉寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「飯能市史資料編Ⅳ社寺教会」