猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内 猫の足あとによる飯能市の寺院、神社、観光名所など飯能市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

妙圓寺。飯能市岩淵にある曹洞宗寺院

妙圓寺の概要

曹洞宗寺院の妙圓寺は、岩淵山と号します。妙圓寺は、尼妙円が開基となり、僧松岩が永正年間(1504~1520)に開創したといい、慶安4年(1651)には徳川家光より13石5斗の御朱印状を拝領したといいます。

妙圓寺
妙圓寺の概要
山号 岩淵山
院号 -
寺号 妙圓寺
本尊 地蔵菩薩像
住所 飯能市岩淵343
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



妙圓寺の縁起

妙圓寺は、尼妙円が開基となり、僧松岩が永正年間(1504~1520)に開創したといい、慶安4年(1651)には徳川家光より13石5斗の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による妙圓寺の縁起

(岩淵村)妙圓寺
岩淵山と號す、曹洞宗、多磨郡根ヶ布村天寧寺末、寺領十三石二斗の御朱印を賜へり、本尊地蔵を安ず、開山開基詳ならず。(新編武蔵風土記稿より)

飯能市史資料編による妙圓寺の縁起

永正年間(1504~1520)開基尼妙円、始祖僧松岩により開かれた(南高麗村誌)といわれる。慶安4年(1651)8月24日に徳川家光より13石5斗の御朱印を領したことから、相当の大寺であったのであろう。(飯能市史資料編より)


妙圓寺の周辺図




埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑