猫の足あとによる埼玉県寺社案内

新福寺。飯能市小瀬戸にある真言宗智山派寺院

新福寺の概要

真言宗智山派寺院の新福寺は、瑠璃光山薬浄院と号します。新福寺の創建年代等は不詳ながら、賢宥(賢春?)が慶安年間頃(1648-1652)に中興開山、それより先の住職5代が不明だといいます。

新福寺
新福寺の概要
山号 瑠璃光山
院号 薬浄院
寺号 新福寺
本尊 薬師如来像
住所 飯能市大字小瀬戸364
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



新福寺の縁起

新福寺の創建年代等は不詳ながら、賢春(賢宥?)が慶安年間頃(1648-1652)に中興開山、それより先の住職5代が不明だといいます。

新編武蔵風土記稿による新福寺の縁起

(小瀬戸村)
薬浄院
醫王山と號す、新義眞言宗にて、郡中新堀村聖天院の末なり、本尊薬師を安ず、中興開山賢春慶安四年四月十四日寂す、(新編武蔵風土記稿より)

飯能市史資料編による新福寺の縁起

新福寺(飯能市大字小瀬戸字新寺364)
慶安元年(1648)賢宥という僧が居り、それより先住5代不分明と過去帳に記録されている。それから推すと少なくとも慶長年代(1596-1614)からあったのではないかと思われる。(飯能市史資料編より)


新福寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「飯能市史資料編Ⅳ社寺教会」