猫の足あとによる埼玉県寺社案内

洞雲寺。飯能市下名栗にある曹洞宗寺院

洞雲寺の概要

曹洞宗寺院の洞雲寺は、圓通山と号します。洞雲寺は、豊住越中守某が開基となり、寶山和尚(宝永元年1704年寂)が開山したといいます。

洞雲寺
洞雲寺の概要
山号 圓通山
院号 -
寺号 洞雲寺
本尊 十一面観世音菩薩像
住所 飯能市大字下名栗368
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



洞雲寺の縁起

洞雲寺は、豊住越中守某が開基となり、寶山和尚(宝永元年1704年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による洞雲寺の縁起

(下名栗村)
洞雲寺
小名馬場にあり、圓通山と號す、宗末前に同じ(曹洞宗楞嚴寺末)、本尊十一面觀音を安ず、開山寶山寶永元年三月七日示寂、開基は豊住越中守某と傳ふるのみ、境内年貢地なり、(新編武蔵風土記稿より)


洞雲寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿