猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内 猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

成田山川越別院。川越市久保町にある真言宗智山派寺院、関東三十六不動

成田山川越別院の概要

真言宗智山派寺院の成田山川越別院は、成田山本行院と称します。嘉永6年(1853)廃寺となっていた本行院を成田山新勝寺の別院として再興したのが始まりといわれています。関東三十六不動27番不動、小江戸川越七福神の恵比寿天です。

成田山川越別院
成田山川越別院の概要
山号 成田山
院号 本行院
寺号 -
住所 川越市久保町9-2
宗派 真言宗智山派
本尊 不動明王
葬儀・墓地 -
備考 関東三十六不動小江戸川越七福神の恵比寿天



成田山川越別院の縁起

成田山川越別院は、嘉永6年(1853)廃寺となっていた本行院を成田山新勝寺の別院として再興したのが始まりといわれています。関東三十六不動27番不動、小江戸川越七福神の恵比寿天です。

成田山川越別院は、川越別院成田山本行院と称し、いつの頃からか「久保町のお不動様」とも呼ばれるようになった。
本尊は不動明王で、内外の諸難や汚れを焼き払い、人々を守るといわれ、願をかける時などに奉納する絵馬のため、境内には絵馬堂も建立されている。
当寺は、江戸時代も末の嘉永6年(1853)、ペリーが黒船を率いて浦賀に来航した年に下総の国新宿(現葛飾区新宿)の石川照温が、廃寺となっていた本行院を成田山新勝寺の別院として再興したのが始まりといわれている。石川照温については、次のような話が伝えられている。
農家に生まれた石川照温は、三十歳の頃に目が見えなくなってしまった。光明を亡くした照温は、ある日のこと自ら命を絶とうとしたが、その時不思議なことに光を失った眼前に不動明王が見えたので、にわかに仏道に目覚め、それまでの生活を改めるとともに、有名な成田山新勝寺のお不動様を熱心に信仰するようになった。
そのかいあってか、失明した目もいつか昔のように見えるようになったので、いよいよ仏道に励み、当地に寺を建立し、多勢の信者から慕われるようになったとのことである。
なお、照温の碑が、近くの中院墓地に建てられている。(川越市掲示より)


成田山川越別院の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑