猫の足あとによる埼玉県寺社案内

円通寺。川口市赤井にある曹洞宗寺院

円通寺の概要

曹洞宗寺院の円通寺は、観音山と号します。円通寺は、金子左太郎が開基となり、永平寺26世萬照高國禅師英峻(延宝2年1674年寂)が、傑傳寺を開山した後に当時を開山したといいます。

円通寺
円通寺の概要
山号 観音山
院号 -
寺号 円通寺
本尊 -
住所 川口市赤井3-9-39
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



円通寺の縁起

円通寺は、金子左太郎が開基となり、永平寺26世萬照高國禅師英峻(延宝2年1674年寂)が、傑傳寺を開山した後に当時を開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による円通寺の縁起

(赤井村)圓通寺
曹洞宗、越前國永平寺末、観音山と號す、開山の僧を萬照高國禅師英峻と云、この僧は永平寺廿六世の住職にして、初め本郷村傑傳寺を開き後當寺を開けり、延寶二年四月十二日寂す、開基は金子左太郎と云ものにて村民藤左衛門が先祖なりと云、本尊観音を安ず。
天神社。境内の鎮守なり。
観音堂。観音は行基の作と云。
鐘楼。寶暦十年に造りし鐘をかく。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

円通寺の周辺図