猫の足あとによる埼玉県寺社案内

専稱寺。川口市上青木にある浄土宗寺院

専稱寺の概要

浄土宗寺院の専稱寺は、青木山聖冏院と号します。専稱寺は、浄土宗中興の祖・酉蓮社了譽聖冏上人(応永27年1420年寂)が開山、江戸期までは近隣に末寺を擁していました。

専稱寺
専稱寺の概要
山号 青木山
院号 聖冏院
寺号 専稱寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 川口市上青木5-3-43
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 専稱寺迎了殿
備考 -



専稱寺の縁起

専稱寺は、浄土宗中興の祖・酉蓮社了譽聖冏上人(応永27年1420年寂)が開山、江戸期までは近隣に末寺を擁していました。

新編武蔵風土記稿による専稱寺の縁起

(上青木村)
専稱寺
浄土宗、江戸増上寺末、青木山聖冏院と號す、開山は酉蓮社了譽上人なりと云、了譽は小石川傳通院の開祖にて著名の僧なり、院號聖冏は則了譽の名なり、本尊彌陀を安ず、
鐘樓。鐘に寶永元年の銘文あり、
稲荷社
地蔵堂(新編武蔵風土記稿より)


専稱寺の周辺図