猫の足あとによる埼玉県寺社案内

小松原大日堂。松平対馬守が受法院と称して創建

小松原大日堂の概要

寺院の小松原大日堂は、鴻巣市小松にある大日堂です。小松原大日堂は、松平対馬守が開基となり、元禄年間(1688-1704)に受法院と称して創建、明治維新直後の明治2年に廃寺となり、本尊大日如来から大日堂と称されるようになり、檀信徒により護持されています。

小松原大日堂
小松原大日堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 大日堂
本尊 聖徳太子像
住所 鴻巣市小松1-4
宗派 -
葬儀・墓地 -
備考 -



小松原大日堂の縁起

小松原大日堂は、松平対馬守が開基となり、元禄年間(1688-1704)に受法院と称して創建、明治維新直後の明治2年に廃寺となり、本尊大日如来から大日堂と称されるようになり、檀信徒により護持されています。

新編武蔵風土記稿による小松原大日堂の縁起

(原馬室村枝郷小松原)
受法院
新義真言宗、深井村壽命院の門徒、本尊大日を安ず。(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による小松原大日堂の縁起

小松原神社<鴻巣市小松一-一〇-一八(原馬室字中組)>項
当社の北隣にある大日堂が、受法院の跡地である。なお、社記によれば、天満社は、元禄年間(一六八八-一七〇四)に松平対馬守が受法院を開基した際、郷の子弟の教育向上を願って祀ったものという。(「埼玉の神社」より)


小松原大日堂の周辺図