猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

永昌寺。さいたま市西区中釘にある曹洞宗寺院

永昌寺の概要

曹洞宗寺院の永昌寺は、亀足山と号します。永昌寺は、戸田周防守(法名高徳院貴山榮留居士、文亀2年1502寂)が開基となり創建、月膽義泉(慶長11年1606年寂)が開山したといいます。

永昌寺
永昌寺の概要
山号 亀足山
院号 -
寺号 永昌寺
住所 さいたま市西区中釘1699
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



永昌寺の縁起

永昌寺は、戸田周防守(法名高徳院貴山榮留居士、文亀2年1502寂)が開基となり創建、月膽義泉(慶長11年1606年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による永昌寺の縁起

(中釘村)永昌寺
禅宗曹洞派、大成村普門院末、亀足山と號す、本尊薬師を安ず、腹籠りに定朝の作の小像を収む、開基は戸田周防守と云、法名高徳院貴山榮留居士、文龜二年六月十六日卒す、開山を月膽義泉と云、慶長十一年五月廿四日示寂。
鐘楼。延享元年の鐘なり
白山社。天神社。(新編武蔵風土記稿より)


永昌寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」