猫の足あとによる埼玉県寺社案内

妙玉寺。さいたま市大宮区浅間町にある本門佛立宗寺院

妙玉寺の概要

本門佛立宗寺院の妙玉寺は、遠成山と号します。妙玉寺は、川口市照妙寺の末寺として昭和21年に設立、本顕教会と称していたといいます。その後当地を購入、昭和25年に遠成山妙玉寺の寺号を公称し本堂を落慶しています。

妙玉寺
妙玉寺の概要
山号 遠成山
院号 -
寺号 妙玉寺
住所 さいたま市大宮区浅間町1-74
宗派 本門佛立宗
葬儀・墓地 -
備考 -



妙玉寺の縁起

妙玉寺は、川口市照妙寺の末寺として昭和21年に設立、本顕教会と称していたといいます。その後当地を購入、昭和25年に遠成山妙玉寺の寺号を公称し本堂を落慶しています。

「埼玉宗教名鑑」による妙玉寺の縁起

妙玉寺(本門佛立宗)
川口市照妙寺の末寺として、創立は昭和21年5月である。当初は、当時局長であった林福太郎氏住居の一部に仮親会場を設置し、武村応如師担任のもと、5月25日に入佛式を挙行、同7月28日に本顕教会として開筵式を挙行した。
昭和22年6月、現在地に300坪を購入、23年1月、本堂建設委員会並に社会事業家事相談所を発足。同年10月地鎮式挙行、翌24年本堂建設起工、8月には上棟式を行う。翌25年12月24日、遠成山妙玉寺の寺号を公称、同30日、新法域に本尊遷座、翌26年1月本堂が完成した。
昭和31年5月5日御開山式併修納骨堂落成創立10周年を迎える。同32年竹村住職入寂し、同年8月1日渡辺日顕上人第二世住職として晋山する。
昭和35年9月庫裡完成、46年には住職、御講導田子日晨上人に随行して、ブラジルへ開教60周年記念式典のため渡伯する。
同年11月御会式併修寺院に昇級、翌47年高祖日蓮上人御降誕750周年記念報恩教科504戸達成し現在に至っている。(「埼玉宗教名鑑」より)


妙玉寺の周辺図

参考資料

  • 「埼玉宗教名鑑」