猫の足あとによる埼玉県寺社案内

女人堂。比企郡ときがわ町西平にある天台宗寺院

女人堂の概要

天台宗寺院の女人堂は、都幾山慈光寺の境外仏堂です。女人堂は、都幾山慈光寺が女人禁制だったことから、観音堂へ参詣できなかった女人のために平安初期に建立されたといいます。入比板東三十三所観音霊場初番です。

女人堂本堂
女人堂の概要
山号 都幾山
院号 一乗法華院
寺号 慈光寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 比企郡ときがわ町西平
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



女人堂の縁起

女人堂は、都幾山慈光寺が女人禁制だったことから、観音堂へ参詣できなかった女人のために平安初期に建立されたといいます。

新編武蔵風土記稿による女人堂の縁起

(平村)
女人堂
山の上り初の一町にあり、本尊阿彌陀を安ず、(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による女人堂の縁起

「国宝」慈光寺経装飾法華経提婆達多品
(中略)
諸説伝承によると、この女人堂も平安初期において、女人禁制のため、慈光坂途中に建立されていました。女人信仰の御堂として世々、増改築や移設もされ、この地元住民の遠き親達の誠実な祈りと尊き志により護られ維持されてきました。
このたび山頂の慈光寺に伝来する国宝「慈光寺経」の内、金泥文字の剥落はあるもののほぼ完全な姿で伝えられていた「経装飾法華経提婆達多品第十二」を拡大陶窯焼成して、諸衆の祈念に、とりわけ女性の幸せのために掲立しました。(境内掲示より)


女人堂の周辺図