北峰稲荷神社。坂戸市北峰の神社

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

北峰稲荷神社。坂戸市北峰の神社

北峰稲荷神社の概要

北峰稲荷神社は、坂戸市北峰にある神社です。北峰稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、江戸期には個人持ちの社として記載されています。明治41年に入西神社に合祀されましたが、社殿はそのまま残され祀られているといいます。

北峰稲荷神社
北峰稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 -
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 坂戸市北峰・北峰集会所
備考 -



北峰稲荷神社の由緒

北峰稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、江戸期には個人持ちの社として記載されています。明治41年に入西神社に合祀されましたが、社殿はそのまま残され祀られているといいます。

新編武蔵風土記稿による北峰稲荷神社の由緒

(峯村)
稲荷社
百姓の持、(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による北峰稲荷神社の由緒

入西神社<坂戸市小山七二(小山字北林)>
合祀社の跡地の多くは社有地となっていたが、戦後の農地改革によって失った。しかし、善能寺の琴平神社・新堀の金山神社・北峰の稲荷神社は現在も社殿があり、祭祀も行われている。(「埼玉の神社」より)


北峰稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「埼玉の神社」(埼玉県神社庁)