猫の足あとによる鴻巣市の寺院、神社、観光名所など鴻巣市の寺社案内 猫の足あとによる鴻巣市の寺院、神社、観光名所など鴻巣市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

氷川八幡神社。鴻巣市箕田の神社、箕田八幡神社、箕田郷郷社

氷川八幡神社の概要

氷川八幡神社は、箕田八幡神社と通称し、渡辺綱(源綱)が、永延2年(988)当地に八幡宮を勧請して創建したといいます。氷川八幡神社の北側には渡辺綱の祖父箕田武蔵守源仕以来の館があったといい、また鴻巣市八幡田は、氷川八幡神社の神田だったといいます。また境内には、宝暦9年(1759)建立の箕田碑が残されています。明治時代に入り、字龍泉寺の八幡社(浅間社か?)、箕田氷川神社を合併、郷社に列格していました。

氷川八幡神社
氷川八幡神社の概要
社号 氷川八幡神社
祭神 誉田別命
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 鴻巣市箕田2041
備考 旧箕田郷郷社



氷川八幡神社の由緒

氷川八幡神社は渡辺綱(源綱)が、永延2年(988)当地に八幡宮を勧請して創建したといいます。氷川八幡神社の北側には渡辺綱の祖父箕田武蔵守源仕以来の館があったといい、また鴻巣市八幡田は、氷川八幡神社の神田だったといいます。また境内には、宝暦9年(1759)建立の箕田碑が残されています。明治時代に入り、字龍泉寺の八幡社(浅間社か?)、箕田氷川神社を合併、氷川八幡神社と称します。

新編武蔵風土記稿による氷川八幡神社の由緒

八幡社
当社は、渡邊源五綱を祀りしゆへ綱八幡と唱ふと、又綱の守本尊を八幡に祀りし故なりとも云。又禰宜加藤出雲が蔵する文禄4年し記せし箕田系図には、永延2年7月15日源五綱当社、並に諏訪上下明神を箕田郷に勧請すと載たり。何れか実を得たるにや詳ならず。社邊に屋敷跡と云所あり。是を六孫王経基の陣所とも頼義の陣所なりとも云。又箕田武蔵守源仕が居跡なりとも称せり。今按に仕は大納言昇の子にして従五位下に任し箕田武蔵守と称し、其箕田子源次充は武蔵守経基の臣となり、充の子源五綱も当社に住して箕田を名乗しが、後頼光に仕へて摂州渡邊に移りしより、渡邊を氏とせし由前の系図及武家評林等に載たれば、当所を仕か居跡と云こと其ゆへなしとせず。又経基頼義等の陣所と云は、正しき拠なけれど皆武蔵守に任じたる人なれば、古によりてここを陣所となせしも知るべからず。されど今専ら此社邊のみを、其跡なりとするは誤なるべし。廣く近郷にわたりたる構なりしならん。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による氷川八幡神社の由緒

氷川八幡社と箕田源氏
氷川八幡社は明治6年、箕田郷二十七ヶ村の鎮守として崇敬されていた現在地の八幡社に、字龍泉寺にあった八幡社を合祀した神社である。
八幡社は源仕が藤原純友の乱の鎮定後、男山八幡大神を戴いて帰り箕田の地に鎮座したものであり、字八幡田は源仕の孫、渡辺綱が八幡社の為に奉納した神田の地とされている。また氷川社は承平元年(966)六孫王源経基が勧請したものだといわれる。
ここ箕田の地は嵯峨源氏の流れをくむ箕田源氏発祥の地であり、源仕、源宛、渡辺綱三代が、この地を拠点として活発な活動を展開した土地であった。(境内掲示より)


氷川八幡神社所蔵の文化財

  • 箕田碑

氷川八幡神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット