猫の足あとによる埼玉県寺社案内

狭山市・入間市の寺社

狭山市・入間市の寺社概要

狭山市・入間市域は、古くより開発が進み、延長5年(927)に作成された延喜式神名帳に記載されている廣瀬神社や、役小角が大同2年(807)に開創したという笹井観音堂、聖武天皇が全国に建立を命じた国分寺(最勝王院)の一つにも比定される西勝院など古寺社があります。

狭山市・入間市の寺社に関する札所・霊場

狭山市・入間市で江戸時代に御朱印状を拝領した寺社

狭山市・入間市にある郷社格以上の神社

狭山市・入間市にある式内社

旧入間郡域には式内社が5社あり、狭山市・入間市内には、廣瀬神社が狭山市に鎮座、また入間市宮寺の出雲伊波比神社が論社とされています。



狭山市・入間市の名所旧跡

  • 北入曽七曲井(狭山市北入曽)
    平安中期に造成された階段状の井戸
  • 堀兼の井(狭山市堀兼)
    枕草紙や千戴集にも記載された井戸
  • 城山砦跡(狭山市柏原)
    山内上杉憲政が、川越包囲の際に陣を敷いた地