西方三十三所観音霊場

猫の足あとによる東京都寺社案内

西方三十三所観音霊場の案内

西方三十三所観音霊場の案内

西方三十三所観音霊場は、港区の21ヶ寺・渋谷区の2ヶ寺から構成されていた、三十三ヶ観音を参詣する観音霊場です。西方三十三所観音霊場の開創については不詳ながら、江戸時代の書「東都歳事記」にも記載され、江戸時代中期には成立していた札所で、残されている標石も宝暦(1751-1764)から昭和にまで及んでいるといいますが、現在霊場としての活動はないようです。

「江戸・東京札所事典」による西方三十三所観音霊場の由緒

東都歳事記、ニ月岸に、「西方三十三所観音札所参、彼岸中参詣多し、ここに順路をしるす。上より順に読下すべし、(以下略)」と出る札所である。
この札所の成立は、二十二番道往寺の標石には「表西方三十三所観世音菩薩、右廿一番一声剣 左廿二番道往寺、裏元文五庚申六月吉日施主吉田氏行将」、とある処よりみて、この頃か早くて享保末の創設とみたい。
この札所の現状をみると、当初より二三カ所、消滅七カ所、移転三カ所である。札所を表示する標石は十二カ寺十三本を数え、年代は宝暦より明治昭和にまで及んでいる。標石の文字は「西方」という言葉が強調され、江戸の西方にある三十三観音であり、又西方阿弥陀の極楽浄土へもつながる札所でもあると。この札所の道筋には西方六阿弥陀もあり、彼岸中の一日行程五、七時間の札所まいりは御利益を願う人々で賑ったに違いない。(「江戸・東京札所事典」より)

西方三十三所観音霊場一覧

  1. 順了寺(廃寺)港区麻布森元町
  2. 考寿院 港区愛宕2-8-7
  3. 寿慶院(廃寺)円福寺支院
  4. 長久寺 港区愛宕1-3-8真福寺
  5. 天徳寺 港区虎ノ門3-13-6
  6. 陽泉寺 港区赤坂1-11-9
  7. 永昌寺 港区六本木2-1-20
  8. 大泉寺 (六本木より移転)八王子市大和田町7-13-1
  9. 祟巌寺 港区六本木6-1-24
  10. 光専寺 港区六本木7-14-12
  11. 深光寺 港区六本木7-14-6
  12. 台雲寺 渋谷区恵比寿1-18-1
  13. 法音寺 港区芝4-6-17
  14. 春林寺(廃寺)港区三田4-1
  15. 済海寺 港区三田4-16-23
  16. 玉鳳寺 港区三田4-11-19
  17. 貞林寺(瑞正寺に合併)港区三田
  18. 林泉寺 港区三田4-3-20
  19. 大信寺 港区三田4-7-20
  20. 浄閑寺(魚藍寺) 港区三田4-7-21
  21. 一声剣(廃寺)道往寺
  22. 道往寺 港区高輪2-16-13
  23. 引接院(廃寺)高輪泉岳寺そば
  24. 黄梅院 港区高輪1-27-21
  25. 興雲院 港区高輪1-24-6広岳院
  26. 西照寺(芝白金より移転)杉並区高円寺南2-29
  27. 正源寺 港区白金2-7-19
  28. 専心寺 港区白金2-1-43
  29. 称念寺 港区南麻布3-9-2
  30. 遍照寺 港区南麻布3-4-6
  31. 円福寺 渋谷区東2-6-16宝泉寺
  32. 専称寺 港区元麻布3-1-37
  33. 長谷寺 港区西麻布2-21-34


東京都・首都圏にある他の観音霊場